「美脚・脚やせ・ダイエット」なら『脚やせ.com』から

簡単脚やせ.com

脚はなぜ太るの?原因

美しい脚を目指すにあたり、まず知っておきたいこととして

 

「足は太りやすく、そして痩せにくいということです。

 

ダイエットをして、少しでも変化が出てきた経験は誰もがあると思いますが
その時のことを、よ〜く思い出してみてください。

 

上半身は変化があったのに足はなかなか痩せていかった!!
つまり、ぷよぷよしたお肉でもお腹は痩せたのに、太ももは・・・なんて経験がありませんでしたか?

 

上半身は痩せ、下半身はちっとも変わらない。
でもそれにはちゃんとした理由がそこには存在するのです。

 

 

では「その理由」とは?
脚が細くならない、3つの原因を上げていきましょう。

 

もっとも多いのが水太り!・・・つまり『むくみ』です。

 

この世の大半の女性が、頭を抱える大問題であります。

 

足が太くなる原因の一つ目、『むくみ』があります。

 

ではなぜ、むくんでしまうでしょうのか?

 

『むくみ』とはいうメカニズムは、体内の水分や老廃物が原因で起こる現象です。

 

 

実は、むくみについては通常のダイエットでは全く効果がありません。・・・が、
この「むくみ」ついては、知るべきなのです。

 

 

では、もう一度話を戻して
まず、どうして女性の足はむくんでしまうのでしょう?

 

それは筋肉の量と密接な関係があるます。

 

むくみについては、100人いたら99人は、女性から話を聞きますが、
女性の筋肉は男性に比べると足の筋肉量が圧倒的に少ないですよね。
このことが、むくみと相関関係があります。

 

 

筋肉は、水分や老廃物が体の中を流れて最終は排出させるために、体の中を循環させてくれます。

 

つまり、体の中のポンプの役をになっているのですが、
その循環させる力が弱くかったら、老廃物を排出できななかったら、どうなりますか?

 

もうお解りになりますよね?
水分や老廃物がたまってしまい、結果むくんでしまいます。。

 

 

特に女性は、足の筋肉量が少なく、足に流れてきた水分や老廃物を循環させ排出するという機能が
男性より弱く、そのまま足に水分や老廃物が残り、むくんでしまうのです。

 

 

 

更に追い討ちをかけてしまうかもしれませんが、
下半身は、もともと脂肪を貯蓄しやすい構造なのです。

 

特に、太ももは普通の生活であまり使わない部位なので脂肪が溜まりやすく減りにくい、という由縁となってしまうのです。

 

もし、この「むくみ」が気になっていたり、ひどい方は、
ダイエットを考えるよりは、マッサージや、体質改善から取り組んだ方が良いかもしれませんね。。。
当然、運動もその手段の一つでもあります。

 

 ⇒カンタンに出来るマーサージについて知りたい方
 ⇒エクササイズについて詳しく知りたくなった方

 

 

やっぱりこれです。・・・脂肪太り・・・

@の水太りのなかでも、記述しましたが

 

もともと下半身は脂肪を貯蓄しやすく出来ていて、
おまけに太ももは普通の生活であまり使わない部位なので脂肪が溜まりやすく減りにくい、という
特徴があります。

 

では、なぜ脂肪がついてしまうのか?

 

 

〜caceT〜

 

一番多いケースとしては、食生活が挙げられます。
このことは、日々の生活の中で、運動や家事、どれだけ体を動かしているかに関係するのですが、

 

簡単に伝えるならば・・・
ただ単に、体の消費カロリー(運動)よりも、摂取カロリー(食事)が上回っているのです。

 

 

例えば
毎日運動していても、それ以上に高カロリーな食事をしていたり、
食事のカロリー制限していても、体を動かさずゴロゴロしていたり・・・

 

こんな生活が毎日続いたとしたら・・・

 

結果はわかりますよね?

 

身体の脂肪も、簡単なたし算・引き算であることがご理解いただけると思います。。
つまり、人それぞれ生活環境に違いはありますが、要は「食べ過ぎ」が一番の原因なのです。

 

 

〜caceU〜

 

筋肉と使うという動きや、運動がじゅうぶんに足りていないことが挙げられます。

 

普通の生活を送っているとしたら
特に太ももは、運動不足です。
脂肪は、運動していない部位にしっかりと溜まっていきます。

 

毎日歩いている!も良いのですが、

 

例えば
毎日、胸に膝が付くほど、太ももをあげてますか?
毎日太ももが張るくらいスクワットしていますか?

 

毎日運動している人は、匆匆はいないでしょう。
こう言っている私もしていませんからご安心ください。それが普通ですから(笑)。

 

 

電車や車、公共機関など便利なモノが、現代人は足腰を動かす機会がが益々少なくなっていることも
大いに原因かと思います。

 

しかし、摂取しすぎたエネルギー(脂肪)は、それ以上に消費(運動)するしかありません。
普段の生活のちょっとした隙間時間と、工夫次第で
いくらでも筋肉を鍛えることは十分に可能なのですから。

 

 

 ⇒テキストテキストテキストテキスト
 ⇒テキストテキストテキストテキスト

 

 

判断しにくいです。・・・筋肉太り・・・

 

筋肉太りとは、筋肉だけで足が太くなることではありません。
運動やスポーツをやめた人などの、太ももの筋肉と筋肉の隙間に脂肪がついて太くなってしまうという
状態のことを言います。

 

 

特に、激しいトレーニングを何年も行っていたスポーツマンの方に多く見られるのですが
スポーツをやめると、筋肉太りになることがあります。

 

太ももの太さや筋肉質なところは、大きく見分けがつかないのですが
内側の、筋肉と筋肉の隙間に脂肪がついてくるのです。

 

 

では、その脂肪がすぐ取ることができるのか?
実は、生半可な努力では、筋肉と筋肉の合間にある脂肪を燃やすことはできません。

 

 

方法としては、現役の時までとはいかないにしろ、一定量の運動をずっと行うことが必要になります。
やはり、脂肪を消費するには運動が一番なのです。

 

 

スポーツをやめる人に多いのは
現役を退いて運動量は落ちたのに、ずっと同じだけの食事をしてしまうという人もいます。

 

体を動かさなければ体が使うエネルギー量(脂肪の燃焼))は大幅に減っていますので、
差分が体脂肪として溜め込まれていきます。

 

 

脂肪太りでもお伝えしましたが、
摂取しすぎたエネルギー(脂肪)は、それ以上に消費(運動)するしかありません。

 

 

では、どうしていけばよいのか?

 

 

ここで、もう一つ方法をお伝えするならば
太ももや下半身のダイエットでは、口から入れるもの、つまり食事にも関心を向ける必要性があります。。

 

 

 

 

 ⇒ でも運動は苦手。。。でも食べるものから変えていきたい方
 ⇒ 早速、運動をしてみよう!でもどんな運動がいいの?

TOPページに戻る


 

【PR】

 


ホーム RSS購読 サイトマップ